柳井市 引越し業者

柳井市の引越し業者の選び方

柳井市 引越し 比較

柳井市 引越し 見積もり

柳井市 引越し 安く

柳井市 引越し 格安

柳井市 引越し 配送

 

たくさんある引っ越し業者の中から、一番良い1社を見つけたい。
でも、電話帳やインターネットで調べると 山口だけでも170件以上ヒットします。

 

こんな多くのお店の中から引っ越し業者を1社だけ選ぶのは、大変な作業です。

 

そこでオススメなのが、引っ越し業者一括見積もりです。

 

1回情報を入力すれば、200社以上の会社から最大で10件を選んで見積もりを取ることができます。

 

 

柳井市引越し

 

あなた自身の引っ越し料金の相場はもちろん、最安値の会社も簡単に見つけることができます。

 

サービスが充実している大手の引越し業者にするのか、価格が安い地元密着の引っ越し会社にするのかは、あなた次第です。

 

良い引っ越し業者を選びたいなら、複数の引っ越し業者の見積もりを比較するのがオススメです。

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

引っ越し費用を安くする方法

 

引っ越し選び方

 

繁忙期(3月前後)は引越し料金が高いです。
しかし通常期でも土日祝日の午前や大安という人気のある日は他の日よりもひっこし費用はやや高めです。
というか人気のある日は引越し業者が割引しづらい時期と言うことなのです。

 

ということは平日の午後もしくは時間を決めないフリー便はどうでしょうか?
引越し業者は仕事に余裕がある時期は、費用を割引して集客しようとしますので、ひっこし価格を安くすることができるのです。

 

ほかにもトラックと運転手だけを用意してもらうチャーター便は、引越しを手伝ってくれる友人や知人はたくさんいるけど車がないという人にはオススメです。
トラックに荷物を積む際に、背の高い家具や大きな家電は案外どうやって積み込めばいいのかわからないものです。

 

そして引越し全般で一番お金がかかる長距離の引っ越しはどうでしょう。
距離にもよりますが、長距離であれば数十万円かかっても全然おかしくありません。
長距離引っ越しは、運転手、交代の運転手、高速代、ガソリン代などが近距離引越しにプラスされるので、高くて当然なのです。

 

一人暮らしの長距離引越しなら、単身パックや混載便を利用するのがオススメです。

 

これは同じ方面に荷物を運びたい何人かでトラックの費用を割る形で運ばれますので、経費がかなり抑えられ安く引っ越しできます。
このように引っ越しにはいろいろ安くするポイントがあるのです。

 

 

引っ越しの初期費用

 

引っ越し初期費用

 

引越しをするには結構初期費用ががかかりますが、大きな金額になるものは、引越し代と物件の契約料だと思われます。
マンションやアパートなどの賃貸物件を初めて借りるという方は、入居時にかかる初期費用についてよくわからないと思います。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用には、敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用などがかかります。

 

敷金は物件の退去の際に汚れた壁紙などを補修する費用で最初に預けるという形になっていますが、部屋を綺麗に使っていれば退去時に返還されます。
しかし契約内容によっては返還しないことになっている場合もありますので、契約書をしっかり確認しましょう。

 

礼金は貸主へのお礼として昔から慣習的に支払われているものですが、最近は礼金ゼロという物件も増えてきました。
なぜかというと、部屋を探している人が少しでも入りやすくするために、礼金ゼロにしているのです。

 

最初に2か月分、3か月分の家賃を先払いを求める貸主もいます。
近年家賃の滞納が社会問題となっており、ちゃんと家賃を支払う能力がある人かどうか確認するという意味合いもあります。
逆に1か月フリーレントといって、「1か月分の家賃が無料です。」という貸主もいます。

 

考え方は人それぞれですから、物件を探すときに注意してみてくださいね。

 

仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社に支払う費用です。
これは法律で決まっていませんので、家賃1カ月分だったり、家賃の数パーセントだったりと会社によって決まっています。

 

以前は賃貸契約の際に連帯保証人として親の名前を契約書に記載したり、連帯保証人を2人用意してくださいという物件もありました。
最近はいろいろな事情があって連帯保証人を用意できない人が増えたため、連帯保証会社利用費用を支払って保証会社に依頼するのが主流です。

 

賃貸物件は集合住宅なので火が出ると燃え移る可能性が高いため、必ず火災保険に加入しなければなりません。
なぜなら隣部屋の方が火元で火災が起こった場合でも、自分が火災保険に加入していなければならず、相手に賠償を請求することはできないのです。
もらい火も自己責任なので、火災保険の加入は必須です。

 

物件に入居する際に鍵の交換を行います。
マスターキーは管理会社や大家に返却されますが、前の住人がスペアキーを作っていた場合はこれらまで回収できません。
そもそも合鍵は何本作られたのかもわかりませんので、元のカギ自体を新しくしたほうがいいです。。
やはり他人が自分の家のカギを持っているのは気持ちのいいものではありませんものね。
費用は1.5〜2万円くらいです。

 

このように契約時にかかる費用は物件を扱う不動産会社や貸主さんの考え方によってかなり差があります。
契約書にサインをする前にしっかり確認しましょう。

 

 

引越しの手順

 

引越しの大まかな手順

 

引越し時はおおまかな手順を知っておくと、無駄な動きがなくスムーズです。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。

 

A荷物を梱包し、不用品は処分する。

 

B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。

 

C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。

 

D郵便局へ転送の手続き

 

E引越し当日

 

F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。

 

G荷解き

 

H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

まず引越しにかかる費用は新居が決まらないと正確な額を見積もってもらうことができません。
なぜなら新居の駐車場の場所、エレベーターの有無なども引越し費用に関係するからです。
ですから引越し業者への見積もりは、新居が決まってからがオススメです。

 

不用品は引越しの機会にぜひ処分してください。
新居に引越ししてからゆっくり分別したい気も分かるのですが、それだと不用品の輸送費も引越しの見積もりに加算されて高くなってしまいます。不経済ですね。
不用品は引越し前にあげる、売る、捨てるなどして処分してくださいね。

 

市役所に提出する書類は市外への引越しの際は転出届は必要で、引越し日の2週間前から提出できます。
引越ししてから提出しようと思うと、改めて前の最寄りの市役所に行くか送ってもらうかしなければなりませんので面倒です。
ほかに国民健康保険や国民年金のことも聞いておくといいと思います。

 

今使っている電気・ガス・水道も引越し日まで使えるようにして費用は日割りで精算できます。
会社によって手続きが異なるので、電話して聞いてくださいね。
ガスはガス会社の人の立ち合いのもと元栓を閉める作業がありますので、日にちを決めておいてくださいね。

 

郵便物が届かないと困りますので、最寄りの郵便局で転送届を提出しておきましょう。
1年間だけ新居に郵便物を転送してくれますから、その間に友人知人に「引越ししました」と連絡してくださいね。

 

引越し当日は運ぶのは引越し業者に任せて、家具をどこに置くのかなど具体的な指示をしてください。
あらかじめ紙に書いて新居の壁などに貼っておくと、引越し屋さんもいちいち聞かなくて済むので便利で助かると思います。

 

新居に最寄りの市役所では市内引越しなら転居届を、市外引越しでは転入届を提出しましょう。
引越し日から2週間以内に提出してくださいね。

 

あとは免許証、保険、パスポート、銀行、カード会社など住所変更が必要そうな所への連絡をしましょう。
身分証として使っているものは早めに変更してくださいね。

 

たくさんすることはありますが、時期が違いますのでそんなに大変ではないですので頑張ってくださいね。

 

 

引越しのあいさつはいつ行く?

 

引越しのあいさつ時期

 

引越しのあいさつに行かないという人も増えましたが、やはり第一印象を良くした方がその後住みやすいですよ。
面倒と言わずにご近所へ引越しの挨拶に行ってくださいね。

 

ではいったいいつ行くのがいいのでしょう?

 

引越しの挨拶は、引越しの合間をぬって当日か翌日に行きましょう。
どうしてかと言いますと、先延ばしにするほどにだんだん行くのが面倒くさくなったり、先に道や廊下でバッタリ会ってしまって挨拶のタイミングを逃したりするからです。

 

できれば簡単な粗品を用意して行くのがおすすめです。
粗品は500円〜1000円くらいの日用品や消耗品がいいです。
お菓子やお茶、タオルや洗剤などが喜ばれると思います。

 

ではどこまで挨拶に行けばいいのでしょうか?

 

マンションやアパートなら上下左右の部屋です。
集合住宅の壁や床の音は案外気になりますから、印象を良くしておきたいですね。
大家さんや管理人さんが近くにお住いの場合、そちらにもご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言って、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒です。
一軒家はマンションのような住人専用のゴミ収集所がないところが多いので、町内の当番制で管理を行っているかもしれません。
ですから自治会長さんにもご挨拶して、ゴミ出しのルールなどを聞いておくと安心です。

 

 

引越しの初期にかかる費用について

 

引越し初期費用

 

引越しをするとき、最初にすごくお金がかかります。
とくに賃貸の場合は物件の契約料としていろいろな費用を課せられます。どんなものがあるか、見てみましょう。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用には、以下のようなものがあります。

 

敷金・礼金・仲介手数料・家賃2〜3か月分・連帯保証会社利用費用・火災保険・カギの交換費用など

 

・敷金は自分が退去する際に汚した壁や床を修繕する費用で、入居の前に預けるというのが一般的です。
ですから敷金ゼロという物件は、退去の際に徴収されるということになります。先に払うか後に払うかの違いです。
もし入居した際に大きなキズや汚れがあった場合は、家具を入れる前に写真に撮って証拠を残しておきましょう。
修繕費と敷金に差額がある場合は、余れば戻ってきますし、足りなければ追加で徴収されますので、部屋は綺麗に使うようにしましょう。

 

・礼金は大家さんに支払われるお礼のお金で昔からの慣習です。
しかし最近は礼金ゼロという物件も増えています。
賃貸経営ブームで物件が増えたのに、人口は減っているため空き部屋が増え、少しでも入りやすくということで礼金ゼロにする大家さんもいます。

 

・仲介手数料は不動産会社に支払う費用のことです。
法的にいくらと決まった額はないので、会社によって金額が異なります。契約前に確認してください。
仲介手数料無料の会社もあります。

 

・家賃2〜3か月分を家賃を先払いさせる大家さんもいます。
これはある程度のまとまったお金を持っている、貯金できる人という判断で、滞納リスクが少ないと判断できます。
貯金がなければ引越しできませんね。

 

・連帯保証会社利用費用は身元を保証する会社に支払う費用です。
以前は家賃滞納のリスクに備え、契約書に連帯保証人として親や兄弟、親戚の名前を記載するのが一般的でした。
しかし最近は一人っ子、一人親も多く、親戚づきあいも希薄な人も増えたため連帯保証人を立てられない人が多くなり、身元保証会社にお金を払って利用することが増えました。

 

・火災保険はたとえ賃貸住宅でも必ず加入しなければなりません。
自分が起こした火事でないのに家が全焼したら、火事を起こした人に請求したいと思いますね。
しかし出来ないのです。日本では木造住宅が多く、密集していますから火事が起こると燃え広がるケースが多いです。
もらい火も自己責任となりますので、自分のために加入しましょう。

 

・カギの交換費用は1・5〜2万円ほど費用がかかりますが、入居の際は必ず交換しましょう。
カギは家族分をスペアキーとして作る人が多いため、一体いくつ作られたのか大家さんにも管理会社にもわかりません。
すべてのカギを返還してもらったかどうか分からないし、前の住民が良い人とも限りません。
防犯のことを考えても入居時に鍵は交換しましょう。

 

このような費用がかかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

引っ越し業者 諫早市 引っ越し業者 君津市 南国市 引っ越し業者